関係者への連絡はオフィス移転の重要項目の一つです

オフィス移転をする場合は、その事実を正確に関係者全員に伝えるということも忘れてはいけない重要なことになります。公式ホームページなどを利用して告知をしておけばそれで良いなどということはありません。もちろん、公式ホームページによる告知もしなければいけないことの一つにはなります。伝える方法としては、基本的に代表者の名前で文書によって伝える方法が良いです。担当者が口頭で伝えるとか、メールを送るといった方法ではなく、代表者の名前で会社から発せられた形を取るべきです。取引先も顧客も担当者の取引先や顧客ではありません。あくまでも会社との関係です。ですから、オフィス移転のような大切な会社全体に関することは代表者の名前で伝えるべきです。その連絡をしたうえで、各担当者が詳細を伝えるという方法が望ましいと言えます。

オフィス移転ならレンタルオフィスも一考の余地あり

オフィス移転を考える理由は様々でしょう。例えば、ビジネス拡大や縮小、法人の移転やオフィス賃料を下げることを目的とする移転などです。折角移転するなら、これまで使用してきたオフィスについて検証することは大きな意味合いを持ちます。業種や従業員数などによって、オフィスに求めるものは異なるでしょうが、これまでのオフィスに足りなかったものや無駄がなかったか、あるいは、賃料の高低や立地の良しあしなど様々な点から分析し、真に必要な要素をある程度絞り込んでから次の候補となるオフィスを決めていくことが、経営にも重要なポイントとなるでしょう。その場合、レンタルオフィスを一つの候補として検討してみてはいかがでしょうか。主要な大都市の駅そばの一等地に低コストでオフィススペースが借りられます。その住所地における法人登記も可能で、必要なスペースだけ借りることが出来るので、費用対効果が高いのがメリットです。来客時でも困らない受付サービスや会議室、応接室の利用も他のテナントとシェア出来ます。また、高速インターネットや電話やファックスの開設も可能です。簡単な審査ですぐに利用が可能ですので、急な移転にも十分に対応可能です。そのメリットについては一考の余地があると言えるでしょう。

オフィス移転をするなら、料金を知ってから開始へ

オフィス移転とは、企業の拠点を移転することとされています。引越しの一種ですが、専ら事業者がクライアントとなっているために、移転に掛かる料金は高額であるとされています。オフィスの移転に関する料金についてですが、新しくオフィスを構える場合であっても百万円を軽く超えることになっています。オフィスレイアウトの作成やセキュリティ対策を含むことになっており、場合によっては一千万円近い費用が掛かることもありますが、移転に伴う工事は万全を期することになっており、強固で安全なオフィスになることが非常に多いのが魅力的となっています。価格設定については、事前に業者のサイト等で調べておく必要があります。仮想演習行為をし、その後に人気が有って且つ多少は交渉によって割引をしてくれる業者を選定した方が得策となります。また、オフィスの移転を専門とする業者のサイトでは、施工例を提供してくれるものも在ります。オフィス移転をすると費用は高額となりますが、インテリアデザインが美しくて魅力の在るオフィスとなります。また、集客をし易いオフィスとなることも多いです。

我が会社は、オフィスデザインやオフィス内装をデザインから工事までやり、皆様にお求め易いお値段で手を打ちます。 実績豊富な当社では物件選定から幅広い規模のオフィスレイアウト・改装を手掛けます。 共に働く仲間達と士気を高め、連帯感を共有するオフィスへ! お見積もりは無料、お気軽にご相談ください。 シックで高級感のある空間づくりから、遊び心溢れた交流の場になるスペースも社風に合わせた提案をいたします。 オフィス移転や環境構築はフロンティアコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*